豪のPSPGAME紹介blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの更新です。

ちょっと試合がありしばらくきつかったんです。

第9回目のレビューはストリートファイターZERO3 ↑↑です。

st1


ストリートファイターといったら格ゲー好きな人は絶対知ってる名作ですよね。

自分も小学校のときから好きで低学年のときリュウのまねをして「波動拳!」とか「昇龍拳!」とかやってました。笑

ゲームモードですが

st2


見てのとおりたくさんありますorz

多すぎるので新しくできたモードを軽く説明しておきます。

リバースドラマチックバトルモード

これは1対2のバトルですね。ちなみに自分が1で相手が2です。1対1のバトルに飽きた人にお勧めです。

VS100KUMITEモード

100人を順番に相手していくモードです。勝っても負けても100人になるまでどんどんやっていきます。

ヴァリアブルバトルモード

リバースドラマチックモードの逆です。交代しつつ相手をボコります。

フリーバトルモード

色々な設定を自分でし、1試合だけ対戦するモードです。練習にちょうどよいです。

と、説明しましたが、多分分かりづらかったと思います。

まぁ自分で買って確かめましょうってかんじですね。

自分は格ゲー好きなのでモードとか確かめなく迷わず買いました。笑

今ちょっと後悔してる感じもします。

なぜかというと細かいことになりますが強Pが打ちづらいんですね。

普通左手は移動オンリー右手は攻撃オンリーなんですが左人差し指で強Pを押すのはちょっとつらいです。

だから十八番の豪鬼の瞬獄殺もだしづらくてorz

と色々言ってますがモードが多いので買う価値はありますから

st3

スポンサーサイト
最近パン屋でよくパンの耳をもらいます。

パンの耳ってパン屋ではタダでもらえますよ。

そのパンの耳を色々なものにつけて食べるのに今こっています。

たとえばアイス、そしてゴマドレッシングww

色々とあうものがありますから、1人暮らしの人には節約にぴったりですね。

やろうと思えば俺は1日をパンの耳と飲み物だけで過ごす自身がありますからb

金~土~日と合宿がありました。

かなり疲れました。

金は夜9時まで練習してて寝たのが12時すぎですよ。

スポーツマンとしては厳しいです。

土は6時くらいまでで後輩がDVDを持っていたので見ました。

ちなみに映画は名探偵コナンの「探偵たちの鎮魂歌」です。

コナンの映画恒例のコナン「らーん!」はなかったみたいです。

日は審判の講習会がありました。

これで自分も審判の免許をとることができました。(何の審判かは言わないけど)

そんで練習では怒られました。

まぁかなり疲れた3日間でした。
第8回目のレビューは僕の私の塊魂です。

katamari1


このゲームは約1年と半年前くらいに発売されたゲームです。

まず塊魂っていうのはどんなことをするゲーム?と言われますと

最初何もくっついていない塊に人や物なんでも巻き込んでどんどん塊を大きくしていくゲームです。

そんな単純なゲームにもストーリーがありまして、PSP版のストーリーこんなかんじです。

南の島にバカンスにきた王様ファミリーのもとに大波に襲われ島をなくした動物達が王様に助けを求め王様達が島を作るという話です。

このゲームにもしっかりルールが細かくありまして、ただ単純に塊をつくるのではなく時間制限以内に塊を一定の大きさまで大きくして指定された物を多く取り込む必要があります。

ちなみに大きさは

katamari3


こんな小さなものから


katamari4


こんな大きなものまであります。笑

これでも小さいほうです。笑

ちなみに失敗したときには王様におしおきされます。

どんなおしおきかは、買ってからのお楽しみです。

王様はこの人です。

katamari2


「デカっ!!」

こんなにでかい王様ですが、友達から聞いたのでは最後のほうにいけばこの王様も塊にとりこめるようです。笑

大きいものをとりこんでいくとかなりスッキリする気分になれますからちょっとストレス解消したい人にはちょうどいいゲームかもしれませんね。
第7回目のレビューはメタルスラッグコンプリートです。

meta1


メタルスラッグは、1996年に初めてでて、1,2,X,3,4,5,6と全7作がアーケードででていました。

メタルスラッグコンプリートではその1~6までのゲームが全て収録されているという、1つのゲームで7倍楽しいっていうゲームです。

キャラも充実していき、1では2人でしたが2からは4人6では6人ものキャラが使用可能となってきました。

metal2


6ではさらにキャラ1人1人に特別な能力がついていて新しく参戦したラルフとクラークには必殺技がついています。

それにしてもキャラの絵って漫画でどんどん変わっていくっていうのがありますが正直この絵はやめてほしかったです。

フィオとかエリはもっと可愛いはずですから笑

だってこれで見るエリはなんか北陽の虻川に似てるんですもんorz

自分はこのエリが本物だと信じています笑

meta3


↑は6の画像です昔とあまり変わらないところがメタスラの面白さ。

6では武器をストックすることもできるようになってますね。

これで、ランチャーもっててショットガンとるのをためらうことがなくなります。

あと、PS2でも5月31日にコンプリートが発売されます。

PS2だとアーケードコントローラーが接続できますからよりアーケードの感覚があじわえるでしょう。
前からこのブログを作ってたんですがまともな日記を書くのは今日がはじめてです。

まぁ、これからはPSPのネタがないときは日記のほうを書いていくつくもりです。

ってなわけで、今日の日記です。

マヨラーって言葉を知ってますか?

マヨネーズをこよなく愛していて色々な食べ物にマヨネーズをかけて食べているという人です。

極度なマヨラーだとあの懐かしきしんごママのようにマヨチュッチュとかもしてると聞きました。

アイスのコーンを買ってそこにソフトクリームみたいにマヨネーズをかけてマヨクリームとかやっている人はもう神的なマヨラーですね。さすがにいないか笑

ちなみに、私の姉はマヨラーです。

私も1年前までくらいはマヨラーでして、カレー、餃子、ご飯などとマヨネーズをかけていました。

しかし、最近マヨラーをやめて新たな物に目覚めました。

これです。

goma


そうです、私はゴマドレッシングラーなのです。

毎朝食べるものはご飯と目玉焼きと味噌汁ですが、私はこの目玉焼きをご飯にくずしてゴマドレッシングをかけて食べています。

最近はラーメンにもかけて食べました。

グロいとか言う人もいますが、食べてから言えっていうかんじです。

ゴマドレッシングはまじでお勧めですから皆さんもやってみるといいでしょう。

アツアツのご飯にかけて食べるのはもう最高ですから!
第6回目のレビューはぼくのなつやすみポータブル ムシムシ博士とてっぺん山の秘密!!です。

boku1


ジャンルは、なつやすみアドベンチャーです。

舞台は、昭和50年(1975年)の夏休み北関東の田舎の場所です。

主人公のボク(←ボクっていう名前なんです)が母親の出産の為にそこにあずけられてなつやすみをすごすということです。

このゲームはボスを倒すとか、最強の虫を捕まえるとかしなければいけないとかそういうのはなく、進んでいく時間のなかで自由にしていればいいという楽なゲームです。

操作に少し特徴があって十字キーを押した方向にキャラが進むとかいうのではなくて、←↓→を使って回転し、×で進むというバイオハザードを少し思い出させるようなちょっと慣れが必要な操作です。

boku3


自由な時間の中で虫を捕まえて標本にすることができます。

boku2


序盤ではやけに蝶の種類が多いです。

日が暮れるとおじさんが終了っていって家に強制に帰らされ晩御飯を食べて寝てセーブです。

まとめると

起床→自由→夕飯→就寝(セーブ)の繰り返しです。

言い忘れましたが、このゲームでは虫を捕まえる以外にも釣りや虫で相撲できたりと他にも色々な楽しみがあります。

田舎にいきたいけどいけない子には結構ピッタリのゲームかもしれませんね。

第5回目のレビューはテイルズ オブ デスティニー2です。

テイルズは自分の中ではキャラが痛いと思っています。

ファンの人がいたらスミマセン。

tales1


ってかこのゲーム、ジャンルが運命を解き放つRPGって(笑)

普通にRPGでいいじゃないかって感じです。

ちなみに

ディスティニーが運命という名のRPG

エターニアが永遠と絆のRPG

ジ アビスが生まれた意味を知るRPG

とジャンルにまでこだわりがあるようですね。

テイルズシリーズはドラクエやFFと違って戦闘が技を選んで戦うのではなく、自分でキャラを操作して戦うアクションも入っているRPGゲームです。

tales2


そして、キャラもボイスつきで普通のRPGとは違う何かを感じさせます。

ストーリーですが、簡単に説明すると・・・・

英雄にあこがれる主人公カイルが父さんみたいな本物の英雄になるために同じ孤児院で育った兄貴分のロニといっしょに旅に出始めて色々な仲間と出会い成長していくゲームです。

まぁやってみるとどんどんストーリーに入りこめれる感じのゲームですね。

もっと詳しくストーリーを知りたいなら小説がでてるのでそっちを読んでみるのもよいでしょう。







第4回目のレビューです。

今回は機動戦士ガンダムSEED 連合vs.Z.A.F.T. PORTABLEです。

seed1


ガンダムといったら1979年にはじまりここ約25年計算だるいにわたってたくさんのシリーズをだしてきた名作ですね。

ちなみに自分が1番好きなガンダムは新機動戦記ガンダムW ENDLESS WALTZにでてきたウイングガンダムゼロカスタムです。

まぁそんなことはおいといて、このゲームはPS2版でもでていたものをPSPに移植したものですね。

なんだよ、移植かよって思う人もいるかもしれませんが、PS2からPSPにゲームが移植されることっていうものは大きいものですよ。

なんでかは自分で考えてください。(笑)

ゲームモードですが、

seed2


フリーバトル、ミッション、アーケード、通信プレイとあります。

フリーバトルはモビルスーツとパイロットを自由に選択して戦えるモードです。ハンデ設定とかもできますし、練習にちょうどよいですね。

ミッションは「連邦軍」か「Z.A.F.T」を選び、一覧から選択した指令に従ってプレイするモードです。

アーケードは、よくあるアーケードモードと同じです。(適当ですいません)

通信プレイは2人から4人の対戦のほかに協力アーケードができます。

私はこのゲームは友人からかりてプレイしていました。

友人が意地悪で説明書を貸してくれなかったしこの手のゲームは初めてなのではじめは操作がわからず、何回も死んでいました。(笑)

全然わからなかったので

seed3


↑のような敵からの攻撃の合図もわからずバリバリくらいまくってましたからね。

動きもロボットなんで固いですし、そういうのが苦手な人はこのゲームはあまりお勧めしませんね。

まぁ慣れてけば余裕で回避しまくれますがね。




ちょっと今回は時間がなく、自分でも意味がわからないレビューになってしまったかもしれません。

次のレビューではしっかり書けるようにしたいです。
第3回目のゲームレビューです。

今回はボンバーマンランドポータブルです。

bomb1


ボンバーマンは皆の知ってのとおり爆弾で敵を倒してステージをクリアしていくゲームですね。

このゲームのモードはbomb2


ボンバーマンランド、バトルゲーム、コレクション、シェアリングとなっておりUMD1つで皆で楽しく遊ぶこともできます。

この機能はかなりの良い点だと思いますね。

1人でやっていると飽きてくるゲームも皆でやると楽しくなるときがありますから(笑)

bomb4


そしてメインのボンバーマンランドモードの説明ですが

最初に言っておきますがこれには

おなじみの爆弾の対戦はありません。

正直爆弾で対戦するものじゃないのは自分の中では邪道と思いますが、やっぱり気になるのでやってみました。

キャラクターですが、5年前にやってみたSFC版よりも脇役を含めてかなりのキャラがいますね。

メインキャラは好奇心が旺盛なしゃべらないの主人公のしろボン

生意気でしろボンを小さくして服をかえてカウボーイハットをかぶせたミニボン

しろボンの永遠のライバルで親友で語尾がカタカナで眉毛の生えているくろボン

おでこにでっかいハートがありモテモテであるプリティーボンバー技の名前みたい

よくある3人組を思い浮かばせるようなゴールド軍団

というかんじになってます、画像は撮り忘れたのでコチラで探してください。

ストーリーは簡単にそして適当に説明するとこうなります。

グチャグチャになったボンバーマンランドをピースキングのしろボンが元通りにする。

友達に内容聞かれてめんどくさかったらそう答えといてください。

アトラクションのミニゲームはレースゲームっぽいものからだるまおとしと50種類以上のものがありパーティーにはもってこいというかんじになっています。

友達が多くよく皆でどっかに出かける方はやってみるといいでしょう。







今日暇だったんで、1日に2回のレビューにしました。

そして2回目のレビューは、太鼓の達人ぽ~たぶる2です。

taiko201


メーカー希望小売価格5040円(税込)

ジャンルは音ゲーですね。皆さんも知ってのとおり色々なゲームコーナーにあるアーケードゲームをPSP版にしたものです。

特に紹介することはないのですが、操作は簡単でドンが十字キーと○×△□で、カッがLRです。

これ最初のうちは難しくかんじますがやっていくうちに自分でもびっくりするくらいに上達して難しいモードも楽にこせるようになってきます。

taiko02

↑の画像は私がプレイしているときの画面ですが、難しいモードで楽に127コンボとかいってます。

ちなみに先輩は鬼モードでも楽にフルコンボとかだしますからね。

あと、このゲームには前作(レビューないけど)同じでミニゲームもあり、新しく追加されたおはなしモードとかいうのもあります。

おはなしモードでは簡単に言うと女の子のピアノの演奏会を盛り上げるために和田ドンと和田カツ(太鼓の形をしたキャラ)が色々な人?達のとこに訪れて協力してもらう話です。

けど、演奏ゲームで腕を磨くだけってのも悪くありません。

演奏ゲームは70曲以上もありますからね。

暇なときにちょちょいとやるくらいがちょうどいいゲームです。

頑張る人は腕を磨いて都会のアーケードゲームでギャラリーを集めて良い気分にひたるのも良いでしょう。
第一回目のゲームレビューになります。

1回目は実況パワフルプロ野球ポータブルです!

title


メーカー希望小売価格4980円(税込み5229円)

もう2がでてるというのになぜ1のレビューかというと、2から買おうかと思ってる人が1のこと知らないから軽く教えてあげようというかんじで。本当は2ほしいけど金欠で買えないから

とりあえずゲームの内容ですけど対戦やペナントなどとパワプロおなじみの内容と思いますがなんと!

サクセスがありません!

かわりにパワガチャというものがあり、それを使ってオリジナル選手をつくります。

しかし、それがかなり運が必要で良い選手を作りたかったらやりこむしかありませんね。

最初の選手の肌色とかもランダムになってますし、最初はちょっとキツイと思います。

いいとこないようなことを言ってると思いますが、このゲームの良いところはやっぱりポータブルというところですね。

試合の遠征先や、屋外などでできるそれがかなりの良い点だと思います。

そんなんだったらパワポケやればいいじゃんとか言う人もいますが・・・

こっちの方がリアルじゃん!とか否定する人に言い返してやってください(笑)

jikkyo2


とりあえず第1回のレビューはこれで終わります。

こんなかんじでどんどん書きたいと思いますが、だんだん雑になってきたらすいません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。